タイヤは色々な種類があるため、用途に合わせて選ぶようにしましょう

タイヤ交換ガイド

タイヤの特色と選び方

タイヤにも様々な種類がある

持ち込みでタイヤ交換をするためにタイヤを探すにしても、タイヤにも複数の種類があります。大まかに分けると、夏用タイヤと冬用タイヤなどの一般的なタイヤや、ランフラットタイヤやエコタイヤなどの特殊なタイヤがあります。自身にあったタイヤを探しましょう。

一般的な夏用タイヤと冬用タイヤ

一般的によく使用されているタイヤには、夏用タイヤと冬用タイヤがあります。積雪の激しい雪国などでなければ、基本は夏用タイヤを利用しているということになります。冬用タイヤが夏用タイヤと大きく違う点は、道路が凍りついてしまうことによって生じるスリップを避けるために作られている点です。

エコタイヤやランフラットタイヤなどの特殊なタイヤ

エコタイヤはタイヤが転がる際の抵抗を減らして、車の負担を軽くすることで燃費をよくしてくれると言われています。また、ランフラットタイヤはもしタイヤがパンクしてしまっても、ある程度の速度と距離であれば走行できるタイヤになっています。

タイヤを選ぶ際に注目しているところ

no.1

基本性能を重視したタイヤ

荷重を支える、 走る、曲がる、止まるといった基本性能はやはり車を運転する上で一番重要な点となりますし、気になるところです。
まずは基本性能がしっかりしているかどうかを確認する方がほとんどです。

no.2

乗り心地はどうか

次点でくるのは、やはり乗り心地です。
いくらスピードなどが高速であったり、コーナリングの性能がよかったとしても、乗り心地が悪ければ車を運転しているだけでストレスになる可能性なども出てきてしまいます。

no.3

静粛性はどうか

走行時の静粛性を重視する人は少なくありません。その理由としては静粛性が低いと、走行時の車内が走行音で騒がしくなってしまいます。
運転に集中するためにも、静粛性は重要な要素の一つです。

no.4

グリップやハンドリングなどの運動性

車好きな人などは、合わせてグリップやハンドリングでの性能などを追求する人もいます。
グリップの効きがよくなりハンドリングが軽くなることで、高速域で車を運用していてもハンドルがとられにくくなります。

no.5

オフロード・雪道など用途が可能か

雪が積もりやすい地方や悪路が多い地方などでは通常のタイヤでは不便な場合もあるため、スタッドレスタイヤなどの特別なタイヤを選ぶ必要がでることもあります。

広告募集中